読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おさや.com

自由を求める24歳OLミニマリストの日常。海外放浪が好きです。

ミニマリストになって分かったいい効果6

SPONSORED LINK

f:id:ribooooooon38:20161128231934j:plain

こんばんは。寒い、寒いですね… 体格のせいもあり、厚着も重ね着も大嫌いな私にとって宿敵な冬が近づいてきています…。

なんでみんなファーとか、分厚いセーターとか重ね着してもあんなにすっきりスタイリッシュに着こなせるんですかね?

私、肉付きすぎなんですかね?当たりですか?( i _ i )

実はわたくし、自称ミニマリストになりまして1年半年くらい経過しています。 モノは相変わらず増えておらず、減ってもいない今日この頃。

今日はミニマリストになって良かったなぁと実感する効果を6つほど紹介します。

モノを管理することによるストレスが減った

モノを持つということはそれらを管理、コントロールしなければならない、ある意味で「役目」を負うことになります。

例えば、”単三の乾電池”をずっと持ち続けなければならないとすると「今何本あるか?」(数)や、「どこに置いてあるか?」(場所)「未使用か?」(状態)など、様々な情報を把握する必要があります。

このことから、人によってはその役目、すなわちその情報を持ち続けることをストレスと感じるでしょう。

ほとんどの人は「家にある乾電池のことなんて、日常生活で気にかけることなんてねぇよ!」と思うと思います、私もですw

ですが その「役目」を果たすことは意識をしていなくても、潜在的な部分でその役目を果たすことへの責務を重たく感じているような気はしませんか…?

スピリチュアル的に言うならば、モノの気配がずっと自分をまとわりついているという言い方になるのかな?笑

私は決して真面目ではありませんが、責任感という点では人よりも小さい頃から強いという自覚があります。

自分が持つモノに対しての責務はなんとなく重く感じてました。

ですので、ミニマリストになろうと意気込んでモノを大量に手放した時は、目に見えない何か大きなものと縁がスッパリ切れて、前述しました「役目」や「責務」を完全に放棄、いや、手放せた!という解放感に包まれ、モノの情報を覚えておかなければならないことによるストレスから解き放たれたように感じたのでした。

 

部屋が常にきれいな状態になった

f:id:ribooooooon38:20161128231220j:plain

モノがなくなるので、必然的に片付けをする必要がなくなります。

と、いうか片付けるモノがなくなります。

これは必然的な結果です。モノがなければ、片付けという行動をする必要性そのものがなくなります。

よく、片付けができない人(私の母なんですが)がいますが、そんな人の家の中にはそもそも必要でないモノが多すぎるんです。

そういう人に限って、収納グッズなどを買い足してさらにモノを氾濫させてしまう(これもズバリ私の母…)傾向があるように私は感じます。

しばらく経つとさらにモノが増えて、また収納グッズを買い足して…。(以後省略)

ですが片付けという行動を起こす以前に、そのモノが必要かどうかという判断を下すことが必要です。

行動そのものに意識を定めるのではなくて、対象に意識を変えるという簡単な発想の転換で部屋が綺麗になるのなら、一度はやってみる価値あるかもしれません♪(´ε` )

 

自分の時間が増えた

f:id:ribooooooon38:20161128231352j:plain

起因した原因としては

  • 片付けの必要がなくなり、掃除の時間が減ったから

上記の”部屋が常に綺麗な状態になったこと”と関連しているのですが、モノが減ったことによって片付けの時間がほぼなくなった上、移動させるモノが減ったことから掃除もスムーズに行えるようになりました。

ゆえに私のプライベートの時間の中での家事の時間がグッと減りました。

  • 買い物の時間が減ったから

必要なものしかモノを買わなくなったので、買い物の時間が減りました。

なんとなくの理由でショッピングモールをうろつくことがなくなった分、自分の時間に充てることが出来ています。

  • ネット版ウインドウショッピングがなくなったから

必要なものがあるとよくやりますが、なんとなくの理由で楽天やZOZOTOWNを覗きに行くことがなくなりました。

実際に足を運んでウインドウショッピングをするよりも、ネットは時間を忘れてしまいがちなのでこの時間が浮いたことは本当に自分にとってプラスになっています。

 

貯金が出来るようになった

f:id:ribooooooon38:20161128231338j:plain

察してわかると思います、モノを買わないからです。笑

私はファッションが好きなので、今までは月に2万とか3万とか服に費やしていましたが今はそれがスッパリなくなりましたのでこの数万円は貯金、もしくは旅行費や交際費に充てています。

とはいえ若者は好奇心旺盛ですので女の子は小物やら雑貨、男の子はフィギュアやゲームを集めてしまいがちです。

そんな方でミニマリストの世界を見てみたい!と思われてる場合はモノを片手に「これがなくなったら私/俺、死ぬ?」と問いかけると大体答えが返ってきますので貯金をしたい方は試してみてください。ついでに言うと死んでもモノは天国へ持っていけません。

 

モノを大切にするようになった

そんな厳選されたモノと生活するので、自然と一つ一つのモノに愛着が湧きます。

服だったらほつれや毛玉にも以前より敏感になりましたし、靴の手入れも頻繁に行っています。前述したように時間にも余裕がありますのでこういった作業も億劫になりません。

そうして生活していると、いかに自分がモノに支えられて生きているのか改めて実感することが多々あり、感謝の気持ちも湧いてきてなんだか心も次第に幸せになりますヨ。

 

4kg痩せた

f:id:ribooooooon38:20161128231908j:plain

よく断捨離系の本には書いてありますね。なぜか断捨離すると痩せる

私もミニマリストになる前は今より体重が4kg多かったんですが自然とスルスル痩せました。

ちょうどその時期に主食を白米から玄米に変更したのも起因しているかもしれませんが、自分なりの考察では食べ物を買うときでさえ、必要でないものは買わないという習慣が行動となっているからなのかなと思ったりもします。

それでも私は甘いものが好きなので嗜好品はバンバン買ってますが…。

食の面ではミニマリストではないさあやです。

 

 

簡単ではありましたが、私が実際にミニマリストになって良かったなぁと思えた効果6つを紹介してみました。

後日、デメリットも記載しますが確実にメリットが多いこの生活習慣。私は死ぬまでこうでありたいなぁと思っています。

でも結婚したり子供ができたらどうなるんだろ…と想像することもありますw

…心配しても仕方ねぇ!この習慣を広めるべく、これからもミニマリズムの記事を書き続けます♫

SPONSORED LINK